2020年 11月 28日 (土)

「コロナなのに並ばせすぎだろうが!」連休大混雑の観光地で怒鳴るイライラ客...。「楽しみたいけど、密は怖い」の裏返し、ならどうする?

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   4連休3日目のきのう21日(2020年9月)、各地の観光スポットやレジャー施設は予想以上の大混雑になった。午後6時半ごろの東北道・久喜白岡ジャンクション付近では62キロ、午後8時15分ごろの中央道・勝沼インターチェンジ付近から国立府中インターチェンジ付近では72キロの渋滞があった。

   そんな中、広島・尾道市の千光寺山ロープウェイでは、乗車待ちの行列について「コロナなのに並ばせすぎだろうが!」と誘導員が客に怒鳴られる出来事があった。これに対して係員は「『このご時世なのに人が多い』と怒鳴った人がいたようです。誘導員に怒鳴ったら人が少なくなるとお思いなのでしょうか。千光寺山は歩いて登れる山です。地図も置いていますのでぜひ道をお尋ねください」とツイート。多くの励ましの声が集まったという。

専門家「小規模分散型を」というが、小倉智昭「集まれば大規模になるでしょ」

   司会の小倉智昭は「昔から、『なんでこんなに混んでいるんだ!』『お前がいるからだよ』ってジョークがありますが、それと一緒じゃないね」と苦笑い。伊藤利尋アナは「怒鳴った男性もおそらく、レジャーには行きたいのでしょう。でも密は避けたいんです。まさに我々が抱えている両立がテーマです。でも、クレームという選択肢はおかしいですね」。

   新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長11日、「小規模でかつ時と場所が分散される『小規模分散型旅行』が定着することを期待したい」と発言したが...。

   三浦瑠麗(国際政治学者)「旅行先で仕事をするワーケーションなどが導入しやすくなってきたはずなのに、日本人は今まで通りの行動パターンになってしまっている。ただ、『Go Toトラベル』の効果で値段の高い所に人は集まりますから、大型バスなどで行くものより、分散されるものが好まれやすくなってはいます」

   伊藤アナ「経済はもちろんですが、単純にレジャーを楽しみたいという感情だってあります。感染対策との両立にもっと知恵を絞らないといけない」

   小倉「小規模だってみんな集まれば大規模になっちゃう。ここは少ないだろうと思ってみんなが行けば混む。車の混雑と同じで、口で言うのは簡単だけど、実際は難しいよ」

文・ピノコ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中