2020年 10月 25日 (日)

竹内結子さん急死に「産後うつ」経験女性たちから「ひとりで悩まないで」コール!「自分のことのようにショック」「周囲がサインに気づいてあげて」「私はこう乗り越えた!」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   女優の竹内結子さんが27日(2020年9月)死去した。40歳だった。発見時の状況から警視庁は自殺の可能性が高いとみて、慎重に捜査を進めている。竹内さんは2005年に歌舞伎俳優中村獅童(48)と結婚。同年に長男を出産したが、08年に離婚。その後、昨年(2019年)2月に俳優中林大樹(35)と再婚。今年(2020年)1月下旬に第2子男児を出産したばかりだった。

   まだ、具体的な詳細は不明だが、ネット上では「産後うつ」に苦しんだ経験をもつ女性からの「自分のことのようにショックです」「ひとりで悩まないで」「周囲の人は気を付けてあげてください」という声が相次いでいる。

  • 竹内結子さん(2015年撮影)
    竹内結子さん(2015年撮影)
  • 竹内結子さん(2015年撮影)

産科専門医「どんなに明るい性格な人でもなる可能性がある」

   産婦人科専門医の重見大介氏はこう投稿した。

「大変ショックなニュースです。ご冥福をお祈り申し上げます。今年1月に出産されていたとのこと。あれこれ推測はしませんが、産婦人科医としては『産後うつ』だったことが影響している可能性を必ず考えます。産後に精神を病む方は少なくありません。そして、産後は『どんなに健康で、どんなに明るい性格だった』方でも、そうなる可能性があることがわかっています。出産から半年経過していても、なることがあります。産後の女性を、決して孤立させないでください。そして、ぜひ『危険なサイン』を誰かが気付けるよう、産後うつについて全ての人に知っておいて頂きたいです」

   「産後うつ」の経験者からもこんな声が相次いだ。

   「お子さんのためにも何とか周りに助けを求めて欲しかった...。私は産後うつを患って、自殺の一歩手前でした。今も治療中です。行政の方々に沢山助けて頂いて、何とか育児ができています。芸能人の方だと、経済的には恵まれていても、逆に育児では孤独になりやすいのでしょうか。憶測ばかりですが、周囲に助けて、と言えなかったとしたら、本当にお辛かったと思います。何より遺されたお子さんたちが不憫でなりません」

「上のお子さんは中高生の多感な時期で本当に心配です。もしかして産後うつかな?と思いました。私も上の子の8か月頃は夜泣きがひどすぎて、当時の主人は全く起きてくれず、一人で一晩中抱っこして歩き回り、1時間も眠れないまま仕事に行く毎日で地獄でした。産後はホルモンバランスもおかしくなっているから、簡単に精神的にやられてしまいます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中