2020年 10月 25日 (日)

スーパー悩ます"カゴパク"激増! レジ袋有料化のあおり、1カ月150個なくなった埼玉のスーパーの奮闘ぶりが泣ける!

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   今年7月(2020年)から始まったスーパーなどのレジ袋有料化を受け、店の買い物カゴをそのまま家に持って帰る"カゴパク"が急増している。立派な窃盗罪だが、客に罪の意識は薄く、店側は頭を悩ませている。

   「モーニングショー」は、埼玉県内の激安スーパーに密着取材した。清算済みの商品を入れる黄色いカゴには「持ち出し禁止」と書かれており、持ち歩きしにくいよう取っ手が外されているのだが、カゴを抱えたまま駐車場に出てきた女性が、カゴをそのままトランクに積んで帰ろうとした。

   ディレクターが声をかけると、「家すぐそこだし。もちろん返しますよ。だっていらねーもん、あんなカゴ」と一緒にいた20代の男性は悪びれる様子もない。そこに駆け付けた店長が「万引きと同じだから。ごめんなさいじゃ済まないからね」とカゴを回収して帰った。男性は「袋があれば...。有料化になると、言わないと入れてくれないから、面倒くさいですね。もちろん店側が正しい。申し訳ない」と話していた。

「万引きですよ」「じゃあ警察呼べよ」まったく反省なし!

tv_20200929112657.jpg

   同じようにカゴごと車に乗せて帰ろうとした別の男性は「あしたの朝持ってくる。嫌だっていうなら、戻しますよ。逆にどうなんですか。あしたの朝、持ってきたらまずいんですか」とディレクターに逆ギレ。

   駆け付けた従業員が「それをやると万引き行為と同じですよ。朝持ってくるなんて、言い逃れです。それはダメです」と説得すると、「警察呼んでくださいよ」と開き直る始末。「反省してくださいよ」という従業員を残して、男性は無言で車を発進させた。

   このスーパーでは、1カ月間で150個のカゴがなくなったという。店長は「お客さまをそういう(疑いの)目で見ているというのもおかしなもので、なかなか悩ましい問題です」と話していた。 司会の羽鳥慎一「品物の代金は払っているので、万引きほど罪悪感がないというのが問題のようです」

   菅野朋子(弁護士)「店側は、立派な窃盗罪だということを注意喚起するしかないですね」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中