2020年 10月 25日 (日)

〈エール〉(第82話・10月6日火曜放送)
戦時歌謡曲を作っていることを理由に裕一の召集は免除となり、「若鷲の歌」が完成したが、心は晴れなかった

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   裕一(窪田正孝)のもとに届いた召集令状だったが、戦時歌謡曲を作り、国に多大な貢献をしているということを理由に召集は免除になり、出征は見送られることになった。

   音「よかったね。裕一さん」

   妻の古山音(二階堂ふみ)と娘の古山華(根本真陽)は、裕一の出征免除を心から喜ぶ。

音は裕一の出征免除を心から喜ぶが...

tv_20201001143055.jpg

   ところが裕一は複雑な思いを抱えていた。みんながお国のために出征しているにもかかわらず、自分は行かないため、素直に喜ぶことはできなかった。

   その後、裕一は、東都映画の三隅(正名僕蔵)から依頼された、海軍航空隊の予科練習生を描く映画の曲づくりに取り組む。

   三隅と一緒に日夜訓練をしている予科練習生の取材をする裕一。まもなくすると、裕一の曲「若鷲の歌」が完成するのだが。

   一方、豊橋では、キリスト教への取り締まりが厳しくなり、集会での礼拝が禁止された。音の母・関内光子(薬師丸ひろ子)たちキリスト信徒が集まって話し合いがはじまる。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中