2020年 12月 1日 (火)

島根の鶏卵生産者おすすめ「ゆで卵」ならぬ「蒸し卵!」白身が「こんにゃくゼリー」みたいなプリプリ食感に

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   リモート旅企画「みんなでシェア旅」で、島根・雲南市の鶏卵生産者がおすすめの卵の食べ方をシェアした。雲南市は昭和初期から養鶏が盛んで、県内有数の卵の産地。年間5000万個の卵を出荷しているという。

   生産者の堀賢一さんが教えたのが、「ゆで卵」ならぬ「蒸し卵」。極上のプリプリ食感が味わえるのだそう。

大学で実験!ゆで卵より蒸し卵の方が白身の弾力が強かった

   鍋で沸騰させた湯の中に、土台となる陶器を上下逆さに入れ、その上に卵を入れる陶器を重ねる。陶器の中に卵を入れたら、ふたをしてすぐ弱火にする。

   堀さん「お好みによって、半熟がよい方は8分、固い黄身がよい方は15分程度、このまま蒸してください」

   中原真吾アナウンサー「東京家政大学の峯木眞知子教授に、ゆで卵と蒸し卵の違いについて実験してもらいました。すると、蒸し卵の方が白身の弾力が強いということがわかったんです。機械で圧力をかけたときに、はね返す力が蒸し卵の方が強かったという数値が出ました。他の食べ物で例えて言うならば、蒸し卵がこんにゃくゼリー、ゆで卵が寒天とお話ししていました」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中