2020年 11月 29日 (日)

マツコと交代のEXIT、りんたろー。のオネエ疑惑に「りん子」とからかうサンマ。LGBTが叫ばれる中、それをネタにあれこれ言うのはおかしいだろ!
<ホンマでっか? TV 2時間SP>(フジテレビ系)

   この日は、9月に突如、番組を卒業したマツコ・デラックスの代わりに加入する新レギュラーを発表というので興味津々で見た。マツコに代わるタレントなどそうそういない。下手に後釜に入り込んで、視聴率が落ちたりした日には、自分のせいにされてしまうだろうから、選ばれた方も相当なプレッシャーだろう。そんなことなど考えずに自由にやれるのは、今なら差し詰め「フワちゃん」くらいのもの!?
   などということをつらつら考えていたら、「新レギュラーはこの方々です」という加藤綾子アナの呼びかけで登場したのはEXITりんたろー。と兼近の2人だった。マツコの穴を埋めるには1人じゃ無理ということだろうか。にしても、ブラックマヨネーズというお笑いコンビがいるのに、またまたお笑いコンビってどうなのか。
   驚いたのは、兼近は番組を一度も見たことがないというのを堂々と言ったこと。「出たことはありますが、見たことはない」と言う兼近に対して、心理学者の植木理恵が「向上心がある」とホメていた。
   一方のりんたろー。はというと、「人間性診断」の結果を踏まえ、おネエ疑惑をかけられていた。「ここでマツコの代わりか」とさんまも合点がいったのか、「りん子」とからかっていた。LGBTが叫ばれる昨今、たとえ、りんたろー。に女性っぽい部分があったとしても、それをネタにあれこれ言うのはおかしい。芸人的には「おいしい」のかもしれないが。マツコがいた10年でいったい何を学んでいたのか。(放送2020年10月7日21時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中