2020年 10月 29日 (木)

マウスガードやマウスシールドは飛沫じゃじゃ漏れ! スパコン解析、オフィスは乾燥に注意、湿度30%で多量に飛ぶぞ!

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   新型コロナウイルスの飛沫がどう広がるかをスーパーコンピューター「富岳」がシミュレーションし「湿度が低いほど飛沫は空中に漂う」などの結果を、理化学研究所がきのう13日(2020年10月)に公表した。

   司会の小倉智昭「乾燥する冬を前に注意点が見えてきました」

   オフィスでの会議を想定した場合、湿度90%と30%では飛沫量に3倍の差があり、シミュレーション映像では「30%だと、発言者と対面する人の顔や胸、肩にすごい量が付着します」(立本信吾アナウンサー)という状態。食事では、斜め前の席まではあまり飛ばず、横の人に話しかけると多量に飛んだ。

マスクは正面はいいが、横と上には飛沫が出てしまう

tv_20201014114408.jpg

   小倉「斜め前の席がいいとはいっても、4人で食事する場合は避けられないな」

   デーブ・スペクター(テレビプロジューサー)「カウンターのときもこまります」

   古市憲寿(社会学者)「普通にマスクして、うつってもいいやという人と食事するしかありませんね」

   マスクの効果は、前に向かっては飛沫はほとんど出なかったが、小さい飛沫が横や上から飛び出て上昇。マウスガードは、小さい飛沫が上に飛び出し、大きな飛沫が下にも出た。フェイスシールドは、大小の飛沫が下に出て体につきやすいことも分かった。「だだもれ状態」で、理化学研究所の担当者は「マウスガードやマウスシールドは、防御が完璧でないことを頭に入れてほしい」と話している。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中