2021年 8月 1日 (日)

眞子さん、おめでとう!秋篠宮眞子さんがついに思いを遂げるところまできたようだ。各誌とも小室圭との結婚は決定的だと報じる。生身の彼と会えず、2年以上もの間、テレビ電話で毎日話していた。どうやって結婚への強い意志を持ち続けたのか「秘訣」を聞きたいものだ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

文春によると加藤綾子が「第2の女帝」になっている。権勢ますます燃え盛り、キャスター入れ替え人事にまで口を出している

   次の女性は、フリーになっても「フジテレビの看板アナ」の加藤綾子(35)である。報道番組『LIVE News イット!』を"女帝"安藤優子の首を切ってまでリニューアルしたのに、視聴率は3~4%と低迷しているそうだ。だが彼女の権勢はますます燃え盛り、キャスターの入れ替え人事にまで口を出していると、文春が報じている。ニュース読みはうまいそうだが、報道キャスターとしての積み重ねも、現場もほとんど知らない姉ちゃんを、キレイなだけで使い続けるのはいかがなものか。最近のフジテレビはおかしい。

   同じ文春が以前、女優・能年玲奈がテレビから消えたのは、所属していた芸能事務所レプロエンタテインメント側が、合理的な理由もなく仕事を入れないようにしていた、社長のパワハラがあったなどと報じた。だが、2015年6月にレプロ社長が名誉棄損で訴え、その裁判で最高裁が文春の上告を退け、損害賠償金計440万円の支払いを命じる判決が出たという。

   能年側にも取材し、しかも、現在、事務所との契約が終了したにも関わらず、能年はレプロから本名を使うなといわれ、「のん」に改名せざるを得なかったのに、文春としては承服しがたい判決であろう。

   独立したSMAPの3人に対して、ジャニーズ事務所が「不当に妨害した疑いがある」として、公正取引委員会が注意したことで、旧態然とした芸能事務所の体質が問われているのに、最高裁は「現実」を見ていないと批判されても仕方あるまい。

   先日、非正規社員が正社員と同じ仕事なのに賞与や退職金がないのはおかしいと訴えた裁判で、最高裁は「不合理とまで評価できない」と判断した。これなども、彼らが非正規社員たちの現実を見ない、知ろうとしないから出せる「浮世離れした」判決である。司法改革、特に最高裁改革は急務である。

加藤綾子
加藤綾子

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中