2020年 11月 27日 (金)

<エール>(第95話・10月23日金曜放送)
「どん底まで落ちろ」永田医師の言葉の意味が見出せずにいた裕一は、永田の妹・ユリカに連れられて行った場所で鐘の音を聞く。それはがれきの中から人びとが掘り起こした鐘だった

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   古山裕一(窪田正孝)は、医師・永田武(吉岡秀隆)が被爆者の治療に当たった場所で「どん底に大地あり」と書かれた紙を見つける。その時、鐘が鳴った。

   裕一は鐘の音に誘われるように広場まで歩いて行った。それは人々が必死でがれきの下から掘り起こした鐘だった。裕一に同行していた永田の妹・ユリカ(中村ゆり)は「この音が鳴った時、生きる希望を得たんです」と裕一に伝えた。

生まれた曲『長崎の鐘』は人々の力になった

tv_20201021161551.jpg

   永田の投げかけた言葉の意味が分かった裕一は、永田のもとにかけつけた。

   裕一「希望...ですか?」

   永田「そうです。どん底まで落ちて大地を踏みしめ、共に頑張れる仲間がいて初めて、真の希望は生まれるのです」

   永田の話を聞き、裕一は目が覚めたような気分だった。戦争が終わった今も、自分がやるべきことはただ1つ、人々を応援する歌を作り続けること。帰りの汽車の中で『長崎の鐘』の曲は出来上がった。裕一の希望で山藤太郎(柿澤勇人)が歌ったレコードは人びとに力を与え、大ヒットを記録した。

   一方、就職先が見つからず、屋台のラーメン屋で働き始めた吟(松井玲奈)の夫、鏑木智彦(奥野瑛太)は、軍人時代の同期から貿易会社に誘われるが...。 (NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中