2020年 11月 24日 (火)

産休明け、再登場の小川彩佳。相変わらず目がキツイ、睨まないで!
<ニュース23 小川彩佳 産休明け 再登場>(TBS系)

   開口一番、「緊張しております」だと。産休明けのMC、小川彩佳が登場して初めに口にした言葉である。そりゃそうだろう。彼女のいない時の方が視聴率がよかったから。初日のトップは石川県の総合施設に熊が立てこもり、店が休業になったニュース。2番目は道路にぽっかり大穴が開いたニュース。いずれも1種のヒマダネだったので小川を助けた。込み入った政治ニュースだったらまずかった。
   2日目は今年78歳のデザイナー、川久保玲に独占インタビューした話題である。メディアに出ないで有名だった川久保に喋らせたのはお手柄。コロナ禍でデザイナーたちも逼迫しているのだろう。グレイヘアのソバージュを切り揃えた川久保は知的で、ぶっ飛んだ色彩やデザインからは想像できないおとなしさである。
   さて、ニュースのテーマは別として、再登場の小川彩佳である。筆者は毎晩彼女を見たくはない。何故なら、彼女を見ているとイライラするからである。美人だが、目がキツ過ぎる。造形的には大きな目は美人度が高くて有利なのに、小川の目はカメラ目線で睨みつけているように感じる。若いころから「私、美人でしょ」と自慢していた心理が住みついているのかもしれない。肩ひじ張るな。
   『報道ステーション』の頃から、彼女が喋ると筆者は横を向いた。きつく睨まれているようで。産休明けの彼女もまた、気負っているのか緊張感が伝わる。しかし、以前より穏やかになった感じもする。(放送2020年10月19日23時~、10月20日23時15分~)

(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中