2021年 4月 18日 (日)

〈エール〉(第99話・10月29日木曜放送)
劇作家の池田二郎が傷心の久志のために詩を書いた。裕一が曲をつけた「夜明けの街」を久志は見事に歌い上げた。

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   裕一(窪田正孝)は、姿を消した幼馴染みの佐藤久志(山崎育三郎)を探して、福島に向かった。やはり実家にいた久志は、亡き父親に線香をあげている。

   久志「戦時歌謡を俺が歌っていたから、親父は周囲から陰口を言われたんだ。俺が選んだ道が親父を苦しめた」

   素直な自分の気持ちを裕一に話す久志。

   戦争の恐怖で、長い間音楽と向き合うことができなくなっていた裕一だったが、久志もまた、戦争中のことを周りの人に陰口をたたかれ、どう生きていいのかわからず、戦争の犠牲者となっていたのだ。

裕一は久志に戦時歌謡を歌わせたのは自分だと感じた

   裕一は、久志にかける言葉がみつからない。その深夜、裕一と久志は一緒に東京に戻る。

   裕一は久志に戦時歌謡を歌わせた責任は自分にあると感じていた。そして自分を再び音楽の道へと導いた劇作家の池田二郎(北村有起哉)に、久志を説得してもらおうと思いつく。

   裕一から久志の話を聞いた池田は、久志のために詞を書くことに。そして裕一が曲をつけて、久志の復帰作「夜明けの街」が制作された。

   久志は緊張しながらも見事に歌う。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中