2020年 12月 6日 (日)

ホリエモンと立川志らくがガチバトル! タクシー乗客のマスク義務化で、ホリエモン「こいつは捻くれたチャチャ入れることしかできない」と反撃

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   番組冒頭、司会の国山ハセンが「大変です。志らくさんとホリエモンこと堀江貴文さんがバチバチです」と切り出した。発端は27日(2020年10月)放送の「タクシー乗客にマスク義務化」の話題だ。

   「タクシーの中はアクリル板の設置など十分な感染対策がなされている」と自身の公式チャンネルを通して義務化に反対する堀江貴文さん(47)に対し、キャスターの立川志らくは「堀江さんの方が(コロナを)怖がっているんじゃないの?自分たちの方がコロナ脳になっちゃっているんじゃないの?マナーでいいからとりあえず(マスクを)着けてって話だと思うけど」などと発言。

   すると放送後の午後2時過ぎ、堀江さんが「まあ、こいつは昔からこんな感じで捻くれたチャチャ入れることしかできないんだよ」とツイートで反撃してきたというのだ。

志らく「私は落語家だから、世情のあらで飯食ってるんだ」

tv_20201028114456.jpg

   志らくは「フワちゃんから『志らく』と呼び捨てにされ、ホリエモンから『こいつ』と呼ばれても2人のことはゆるキャラだと思っているから腹も立たない」と反応。

   「ただ、1つ言えることは『ひねくれたチャチャ入れることしかできない』って言うのはその通り。私はジャーナリストでも学者でもなく落語家だから。落語家は世情のあらで飯を食うと言うけれど、茶化しているだけなんです。でも、ふざけている中にも時折真実が転がっている。芸人やお笑いのコメンテーターが必要なのもそこに意味があるから」と、持論を展開した。

   一方、堀江さんの反撃の矛先が志らくに向いて安堵の表情を浮かべたのはキャスターの田村淳。堀江さんのことを「マスク系ユーチューバー」などと言って茶化していたからだ。「良かったぁ、俺の方に来なくて。助かったー」と発言し、出演者を笑わせた。

   水曜コメンテーターの西村博之(2ちゃんねる開設者)「タクシーの運転手の中にも基礎疾患がある人もいるので、『マスクしてくれ』って言われたらするのが当たり前。マスク着けたくないなら、乗らなきゃいいじゃないですか。自家用車使うとか、ハイヤー呼ぶとか。お金の力で解決すればいいんじゃないかな」

   志らく「ホリエモンさんは自分の作ったロケットに乗ってどっか飛んでっちゃえばいいんです」

   田村淳「またチャチャが始まりました」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中