2021年 9月 22日 (水)

ごはん「何でもいい」って何よ? 「いまから帰る」ってどこから? イラっと来る夫のLINE! 結局、関係がよくないんじゃないか?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   夫の不愉快なLINEにストレスを感じている妻が多いらしい。「ショーアップ↑」コーナーで板倉朋希アナが取材した。街で聞いてみると、「ごはん何がいいって送信すると、『何でもいい』とか、『いまから帰る』って、どこからよとか、イラってしますね」「うちのダンナ、スタンプやらないので、感情がわからない」「長文で打ったのに、『うん』だけ。もうちょっと返してよ」と、かなり不満はたまっている。

   家族問題カウンセラーの山脇由貴子さんは、「現実のコミュニケーションがうまくいっていなくて、関係が良くないということです」と解説する。

   板倉「私にも思い当たるふしがあります。『何でもいい』でなく、何でもいいよ~と、よ~を付けるんですが」

上級LINEは「この前のおいしいアジフライで...」と具体的に

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「うちは淡々としたやり取りですよ。業務連絡です。それが一番うまくいきます」

   板倉「どう対処したらよかったのでしょうか。山脇さんにお聞きしました。初級は『ごめん、思いつかなくって』、中級は『昼が唐揚げ定食だったので、唐揚げ以外で』、上級は『この前のアジフライおいしかったから、アジフライがいいかな。でも、今夜じゃなくてもいいよ』だそうです」「また、『いまから帰る』だけでなく、『何時ごろ家に着く』と」

   司会の羽鳥慎一「具体的に言うということですね」

   ここで玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)が、お約束のこじらせ。「この話は、奥さんがご飯を作るわけでしょ。夫は作らないわけでしょ。そこで『何でもいい』なんて、あり得ないですよ。あなたは作らないのにと、そもそもスタートから(イラついているの)だもの」

   浜田「だから、奥さんが食べたいものを作ればいいんですよ。これが一番の解決策!」

   羽鳥「超上級者は、こう言ってます」

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中