2020年 11月 26日 (木)

米大統領選、トランプ陣営が仰天の大逆転作戦...「郵便投票打ち切り」「ごね得」、そして3つ目のウルトラCがスゴイ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   アメリカ大統領選挙は来週11月3日(2020年)に投票が行われるが、開票が始まるのは日本時間で4日午前8時ころからで、朝のワイドショーはちょうど放送時間に入ると、開票速報の準備を急ぐ。けさ30日の「モーニングショー」も1時間かけて、結果予想や劣勢のトランプ大統領の仰天逆転作戦を解説した。

   29日時点の世論調査では、バイデン支持51・3%、トランプ支持43・6%と差は広がっていて、選挙人の過半数(270人)以上を獲得したほうが勝利だが、バイデン232、トランプ125、接戦181で、すでに流れは決まってきた。

   国際教養大学大学院の小西克哉・客員教授はこう解説する。「共和党の大票田のテキサスまで接戦州になっていて、これはいかにトランプがヤバいかという象徴です。もはやトランプの猛追なんていうこともないでしょう」

なるほど、それで最高裁判事人事を急いだのか!

tv_20201030132342.jpg

   ところが、トランプ側はウルトラCをいくつも隠していて、11月3日の投票で決まらない可能性があるという。ウルトラCの1つは、郵便投票の集計打ち切りだ。バイデン支持者の53%は郵便投票で、トランプ支持者は57%が投票所に行くとしている。そして、開票は投票所の分から始まるので、トランプは自分がリードしているうちに勝利宣言して、バイデン票の多い郵便投票の開票を途中で止めてしまうのではないかというのだ。当然、バイデン側は裁判所に訴えるが、連邦最高裁にはトランプが押し込んだ保守系のエイミー・バレット判事もいて、却下されるというシナリオである。

   ウルトラCの2つめはごね得。小西教授は「負けたトランプは選挙に不正があったと騒いで、共和党の強い州の知事たちに選挙の確定値を出させないかもしれない。そうなると、大統領選びの次の手続きの12月14日の選挙人による選挙に進めなくなってしまいます。トランプは(次の大統領は決まっていないと)居座るかもしれないですね」

   来年1月20日の大統領就任までに決まらない場合は、連邦下院で選出する。これがウルトラCの3つめだ。大統領選と同時に行われる下院選挙では民主党が過半数を確保する見通しだが、大統領選出投票は各州1票ずつで、共和党が半数以上の28州を押さえている。トランプが選出される可能性が出てくるのだ。

   小西教授「すべては4日の開票で、バイデンが270を早々に取れるかどうかが注目ですね」

   日本でこれほど話題になるアメリカ大統領選挙も初めてだろう。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中