2020年 11月 27日 (金)

「麒麟がくる」に「帰蝶が帰ってきた~」とネット興奮! 川口春奈5カ月ぶり再登場、凛とした演技に「やはり華がある」...日テレ「極主夫道」とのハードな掛け持ち! 目にクマが写るインスタ自撮り写真も

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   明智光秀の生涯を描くNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の第30話が1日(2020年11月)放送され、女優の川口春奈が演じる織田信長の正室・帰蝶が久しぶりに登場した。人気の帰蝶の久々の復活にネット上では「待ってましたー」「やっぱりきれいですね」「これからも期待しています」など歓喜の声が相次いだ。

   帰蝶の登場は、新型コロナウイルスの影響による放送休止前最後の第21回(6月7日)以来5カ月ぶり。

   その半面、史実には出てこぬ番組オリジナルキャラクターの駒(門脇麦)と医師望月東庵(堺正章)の場面は相変わらず「いらない」「駒や東庵先生は必要ないです」とSNS上で評判が悪く、対照的なコメントが続いた。

  • 久しぶりに登場した帰蝶(川口春奈)。NHK「麒麟がくる」公式サイトより
    久しぶりに登場した帰蝶(川口春奈)。NHK「麒麟がくる」公式サイトより
  • 久しぶりに登場した帰蝶(川口春奈)。NHK「麒麟がくる」公式サイトより

「帰蝶」がリアルタイム検索で上位6位に

   川口が演じる帰蝶(濃姫)は、主人公・光秀(長谷川博己)の主君だった斎藤道三(本木雅弘)の娘で、光秀の幼なじみだ。薬物事件で降板した沢尻エリカに代わり急遽起用された川口だったが、歴史に深くかかわる重要な役柄を凛とした演技で見事に演じ、人気が急騰。

   しかし、休止していた放送が8月30日に再開されても、待てど暮らせど帰蝶の出番はなく、ネットでは「帰蝶ロス」のハッシュタグがアップされるなど、再登場を待つ声が沸騰していた。

   第30回のサブタイトルは「朝倉義景を討て」。将軍足利義昭(滝藤賢一)の御座所となる二条城の建設を終えた光秀(長谷川博己)は、信長(染谷将太)に呼び出され美濃に向かう。信長は朝倉攻めを迷っていた。光秀はそこで久しぶりに帰蝶に会うが、帰蝶は「私は申し上げました。朝倉をお討ちなされと」と信長に進言したことを光秀に明かす。そして信長は帝に拝謁し、戦の勅命を受けて朝倉攻めに向かうのだった。

   帰蝶が登場したのは放送開始後10数分後で出演シーンは4分ほどだったが、SNS上では再登場を喜ぶ投稿が激増、放送終了後午後9時過ぎには、Yahoo!リアルタイム検索のトレンド6位にランクインした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中