2020年 11月 26日 (木)

米大統領選、結果次第で暴動も!トランプタワー前、罵り合いで緊張状態!小倉智昭「こんな低次元の選挙やってほしくない」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アメリカ大統領選挙の日、「結果によっては暴動も起きかねない異例の事態です。史上最悪と言われた舌戦にも審判が下ります」と司会の小倉智昭が番組中にくる投票終了と開票開始時刻をはさんで、緊張ぶりを伝えた。

   ニューヨークのトランプタワー前では「トランプ支持者と反トランプ支持者が大きな声で批判し合っています」(FNNの新庄壮一記者)。周辺に並ぶ有名ブランド店はベニヤ板や針金入りのフェンスを張って自己防衛していた。ワシントンでも、ホワイトハウスがフェンスに囲まれた。「人が集まり、大声をあげ、楽器を演奏し、歌をうたっています。集まった人たちがどんな行動をとるか懸念されます」(益野智行記者)という状態だ。

古市憲寿「大統領は統合のシンボルにならず、分断深まる」

tv_20201104105052.jpg

   小倉「日本の台風前みたいな。こんなの、今まであった?」

   デーブ・スペクター(テレビプロジューサー)「ないですよ。フェンスまでとは初めてで、まるで戦争に近い。どちらが当選しても、双方の支持者が持つ価値観は揺るがないだろうな」

   古市憲寿(社会学者)「統合のシンボルが出るかと思ったら、どちらも統合の象徴にはならない。分断は強まるのではないか」

   ここで、ノースカロライナ州の投票所に武装した男が現れ、警察に逮捕されたという速報が入った。「ニューヨークタイムズによると、男はトランプ大統領の帽子をかぶり、バイデン氏の支持者を脅したということです」と立本信吾アナウンサーが読み上げた。

   小倉「そこまでするとは、なんのための大統領選挙なのかと思いますね」

   デーブ・スペクター「こんな低次元の選挙は二度とやってほしくない」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中