2020年 11月 27日 (金)

「紅白」白組司会の大泉洋にネット大興奮!「ウッチャンとの掛け合いが楽しみ」「思いっきり暴走してほしい」「嵐じゃなかったことがスゴイ」「NHKもジャニーズの呪縛から離れた」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   今年の大晦日に放送されるNHK紅白歌合戦の司会者が、白組は大泉洋、紅組は二階堂ふみ(総合司会は内村光良と桑子真帆アナウンサー)に決まったが、白組司会が大方の予想と違ってジャニーズの「嵐」でなかったことがネットで大きな話題になっている。

   「大泉洋とウッチャンの掛け合いが楽しみだ」という期待の声とともに、「紅白もやっとジャニーズの呪縛から逃れられたか」と喜ぶ声が多いのだ。

  • 大泉洋(2009年撮影)
    大泉洋(2009年撮影)
  • 大泉洋(2009年撮影)

「NHKさん、願わくば、洋ちゃんに1曲歌わせてあげて!」

   NHK紅白歌合戦実施本部長の二谷裕真氏は、大泉洋の起用理由について「巧みな話術に、抜群のユーモアセンスは、みなさんもご承知の通り。毎週土曜、総合テレビで放送中の音楽番組『SONGS』では、『責任者』という役柄のホストをお任せしていますので、紅白では、白組の『責任者』のつもりでいただけたら、白組にとって最強の"エール"となるでしょう」というコメントは発表している。

   ネットでは、大泉洋へのこんな期待の声があふれている。

「総合司会がウッチャンで白組司会が大泉さんだから、今年の紅白は司会で盛り上がりそうですね。二人の掛け合いが楽しいと思うから期待しています」

   「洋ちゃんが司会なら今年のコロナの辛さも吹き飛ばしてくれ、多くの人に元気を与えられると思います。頑張ってください」

   「道民として、北海道の星・洋ちゃんがNHKでも暴走してくれるのを期待します。生放送で尺を守れるのか、歌よりも司会に期待しちゃいます。マンネリで面白みのなくなっていた紅白が、無観客という例年にない環境の中で、洋ちゃんをどう生かしてくれるのか、楽しみにしていますよ」

   「いや、無観客で大きな声援が聞こえない中で、洋ちゃんのうるさいくらいの元気いっぱい大声の明るい司会が合うと思う。NHKさん、ある程度洋ちゃんの好きなようにやらせてあげてください。そして、願わくば洋ちゃんに1曲歌わせてあげてください!」

   「ブルーリボン賞の、全ての人を満遍なくイジる司会は最高でした。きっと面白い紅白になって、いつもの倍以上盛り上がることでしょう。でも、お喋りが長すぎて時間が押さないように気をつけて下さいね!あ〜、もう、今から楽しみでならない!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中