2020年 11月 27日 (金)

ブヨブヨになっても大丈夫!和歌山の果樹農家発・熟れすぎた柿を超簡単においしく食べる方法は?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   リモート旅企画「みんなでシェア旅」コーナーで、和歌山県が取り上げられた。

   みかん、柿、いちじくの生産量が日本一のフルーツ王国・和歌山。中でも今が旬の柿は健康効果が高く、医者いらずともいわれる。紀の川市で100年以上続く果樹農家の児玉芳典さん宅では、柿をそのまま食べるだけでなく、いろいろな料理に使っている。

   例えば「柿カレー」。いつものカレーに、とろみが出るまで煮込んだ柿を隠し味として入れるだけでOKだ。甘みがあり、小さい子でも食べられる。

   父の典男さん「柿が隠し味になって、すごくカレーの味を引き立ててくれます。本当においしい」

凍らせて2時間待つだけで絶品シャーベットに!

   冷蔵庫の片隅で熟しすぎてしまった柿は「柿シャーベット」にするのがおすすめだ。冷凍庫に半日入れておくだけ。取り出して2時間ほど待つと食べごろだ。

   母の美惠子さん「横にスライスして一番上の皮を取り除きます。中がシャーベット状になっています」

   試食したゲストの大和田美帆さん(女優)「ちょっとシャリッとして、新食感ですね。甘~い!」

   博多大吉キャスター「おいしいですね。甘みめっちゃある」

   博多華丸キャスター「カッチカチで食べるより、2時間待つのがミソなんでしょうね」

   近江友里恵キャスター「熟しすぎた柿ってそのまま食べると形が崩れちゃったりするから、いいアイデアですね」

   押尾駿吾アナウンサー「地元のJAの方によると、このシャーベットに日本酒をかけて食べるのもおすすめだそうです。ぜひご家庭で試してみてください」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中