2020年 11月 27日 (金)

「M-1グランプリ」3年連続同じ審査員に賛否激論!「巨人と上沼に代わる人いないの?」「千鳥大悟、土田晃之、ケンコバを入れて」「いや重鎮の2人がいてこそ締まる」「大物がいないと出場者に脅されるぞ」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   "漫才日本一"を決める「M-1グランプリ2020」は12月20日にABCテレビ・テレビ朝日系列24局で生放送されるが、決勝戦で大きなカギを握る審査員が6日発表された。松本人志(ダウンタウン)やオール巨人、上沼恵美子ら昨年と同じ7人のメンバーである。

   MCも昨年に引き続き今田耕司と女優の上戸彩が務める。ネット上では「変わりばえのしないメンバーだ。新しい人を入れてほしい」という批判の声と、「辞めると言っていた巨人さんと上沼さんが残ってくれてうれしい」という賛成の声とで賛否両論が起こっている。

  • 7人の審査員(「M-1グランプリ2020」公式サイトより)
    7人の審査員(「M-1グランプリ2020」公式サイトより)
  • 7人の審査員(「M-1グランプリ2020」公式サイトより)

「アンガールズ田中と劇団ひとりも審査員にいいと思う」

   「M-1グランプリ2020」の公式サイトによると、今田耕司は14大会連続、上戸彩も9大会連続でのMCだ。勝敗を左右する審査員は、松本人志(ダウンタウン)、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、中川礼二(中川家)、塙宣之(ナイツ)、富澤たけし(サンドウィッチマン)の7人。2018年から3大会連続で同じメンバーということになる。

   この顔ぶれについて、ネット上ではこんな意見が戦わされている。まず、新メンバーを入れてほしいという声は――。

   「かわりばえのしない顔ぶれだが、オール巨人や上沼恵美子に取って代われる人がいるようで、いないのかな。ライブで気のきいたコメントを言うのはなかなか大変。多少嫌われても辛口コメントができる人。千鳥大悟とか。ピン芸人でもいい。土田晃之とかケンコバとか。とにかく審査員にも新味が欲しい」

   「アンガールズ田中と劇団ひとりも審査員にいいと思うんだけどな」

   「漫才のネタを作る放送作家を追加してほしい」

   「吉本以外ならウッチャンかな。とんねるずだと絶対ふざけてしまいそう」

   7人の中で落語家の立川志らくを疑問視する声が多かった。

   「個人的には志らくさんが審査出来る側なのか?と思うが、最近はどのメディアも起用したがるよね」

   「志らくは関東の演芸枠なんだよね。大阪系=上沼、巨人。大阪東京系=松本、礼二。東京系=塙、志らく。地方系=富澤。バランス的にはいいと思うけどね。強いて言うなら、志らくの代わりに浅草以外の東京系を入れればいいけど、思い浮かばねえ」

   「落語家枠なら無理を承知で圓楽の審査が見てみたい。世代からならタカトシを選抜してもいいのでは?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中