2020年 11月 24日 (火)

「危険なビーナス」に期待! 失踪した弟の嫁と名乗るキュートで強引な吉高由里子に翻弄される妻夫木聡。謎解きの過程に期待

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   連続ドラマは、テレビ局の編成上極めて重要な意味を持っています。視聴率も良く、世の中の評判になる作品を提供しているテレビ局は、イメージアップにつながり、営業的面でも効果が大きいのです。

   10月期の連続ドラマで、脚本、キャスティング共に見どころがあるのが、TBSの「危険なビーナス」(10月11日スタート、日曜午後9時)。

   主演は、妻夫木聡と吉高由里子で、正義感が強く、美女に弱い獣医師(妻夫木聡)が、異父弟(染谷将太)の失踪をきっかけに、染谷の妻(吉高由里子)を名乗る女性に翻弄されながらも、名家・八神家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを、描いたものです。

  • TBSドラマ「危険なビーナス」番組公式サイト(https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)より
    TBSドラマ「危険なビーナス」番組公式サイト(https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)より
  • TBSドラマ「危険なビーナス」番組公式サイト(https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)より

東野圭吾の原作を黒岩勉が脚本化―プロデューサーとのタッグも成功している

   母の再婚で八神家に入った妻夫木には、辛い思い出しかなく、もう八神家とは、関わらないと決めていたのですが、失踪した夫(染谷)を捜す吉高に頼まれ、一緒に八神家に向かいます。そこには、昔から妻夫木を見下ろしている、当主の養子(ディーン・フジオカ)をはじめとした、一族の面々が顔をそろえていました。

   妻夫木と吉高が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってきます。妻夫木は吉高と行動を共にするうちに、彼女の捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていくのです。

   妻夫木は美女に弱いが、真面目な探求心で謎を探るところに共感を持てます。吉高はキュートで少しミステリアス。強引に義兄の妻夫木をリードしていくのですが、夫と"称する"染谷将太のことを愛していると思えるところが素晴らしい。本当に染谷は吉高と結婚したのか、染谷はどこにいるのか、八神家の遺産の行方は?......。結末が、楽しみな作品です。

   このドラマは東野圭吾の原作で、脚本はミステリー作品を手がけることの多い黒岩勉です。脚本家はプロデューサーと向き合いながら、脚本を詰めていく重要な役割を持っています。脚本は、収録が始まる前に全てできている場合と、部分的にしかできていない場合があります。この作品が、どちらのケースかわかりませんが、脚本の出来は良いと思います。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中