2020年 11月 27日 (金)

27歳、神木隆之介が語る本音が新鮮。5歳でデビューしたドラマでは中居が父親役。21年たった大人の男同士の語り合いに感動だ
<中居正広の金曜日のスマたちへ>(TBS系)

   この日は、子役出身の俳優・神木隆之介をゲストに迎えて、MCの中居とじっくり語る「中居くんと話してみたい」企画。5才の時に『グッドニュース』というテレビドラマでデビューした神木。その時の父親役が中居だったそうで、お互いを「中居ちゃん」「隆之介」と呼び合う仲だとか。当時、中居は26才。大人と子どもだった2人が21年たった今、大人の男同士として語り合うことに感動した。
   番組では、神木のデビュー当時の映像や、これまで出演してきたドラマや映画のVTRを見せるわけだが、それを見ている中居がすっかり父親目線なのも面白い。驚いたのは、神木がその時の打ち上げで中居がくれたプレゼントの写真(実物は実家にあるそう)を見せると、「カメラ回ってなかった? カメラのないところでそんなことしないから」と中居。神木が「手紙も貰いました」というと、なおさら驚いた様子。普段は無頓着そうにふるまっているが、実は「気遣いの人」だということがわかった。若いと思っても中居も48才。実生活でも神木くらいの子どもがいてもおかしくない!?
   番組では恋愛話や25歳になった時、母親に「いつ辞めてもいい」と言われたことで楽になった、などと本音を語る神木が新鮮だった。彼の母はいわゆるステージママではなく、体の弱かった神木の思い出づくりで芸能界に入れたので、自分の夢はもう叶ったから、と。子役大成せずと言われているが神木は別格。まだたったの27歳。(放送2020年11月6日20時57分~)

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中