2020年 12月 6日 (日)

〈エール〉(第109話・11月12日木曜放送)
裕一の弟・浩二はリンゴ園の一人娘・まき子に恋をしていた。しかし、まき子は戦死した恋人が忘れられず、浩二も踏み出せないでいた

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   古山裕一(窪田正孝)は弟・浩二(佐久本宝)を通じて農業会から頼まれた「高原列車は行く」の作曲のためにしばらく福島に滞在することにする。そこへ妻の音(二階堂ふみ)もやってくる。

   ある日、浩二が農業指導をしている畠山リンゴ園の一人娘・畠山まき子が、浩二の留守番中にやってきて、裕一と音をリンゴ園に誘う。

   音とまき子が、一緒にリンゴ園で作業を行っていると、浩二が顔を出す。音は浩二がまき子に恋をしているとすぐに気付く。

   音「まき子さんのことどう思ってるの?」

   喜多一に帰った後に浩二に尋ねる音。

浩二は母のまさが持ってきた見合い話を受けた

tv_20201106104700.jpg

   浩二「まき子は、東京の親戚の会社で経理の仕事をすることが決まっていて、それは父親の配慮で戦死した恋人のことを忘れさせるためで...」

   複雑な心境で煮え切らない浩二。

   母のまさ(菊池桃子)が持ってくる見合いの話を、浩二はいつも断ってきたが、今回は「行ってもいいよ」と言い出す。

   (NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中