2021年 9月 22日 (水)

<危険なビーナス/第6話>(TBS系11月15日日曜放送)
伯朗の母・禎子の死の真相と、弟・明人の失踪とは関係があるのでは...「30億円の遺産よりも価値のあるもの」はなにか、推理する伯朗だったが...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   16年前に死んだ矢神家の先代当主・矢神康之介(栗田芳宏)の後妻の次女で、矢神家の家系においては叔母にあたる支倉祥子(安蘭けい)から、母・禎子(斉藤由貴)は矢神家の人間に殺されたと聞かされ、母は風呂場で事故死したと思っていた手島伯朗(妻夫木聡)はショックを受けた。

   さらに、行方不明になっている異父弟・矢神明人(染谷将太)の妻を名乗る楓(吉高由里子)から、明人が禎子の死は殺人だと考え、犯人を捜していたことを知らされた。伯朗は当時、明人から「母さんが死んだとき、兄貴は何をしていたんだ?」と尋ねられた記憶が甦り、今さらながら明人が兄の自分までも疑っていたと知って愕然とする。

   禎子の死の真相と明人の失踪には何か関係があるのでは?――そう考えた伯朗は楓とともに、祥子の実弟・矢神牧雄(池内万作)が言っていた「30億円の遺産よりももっと価値があるもの」が禎子の死に関わっていたのではと推理する。しかし、その牧雄は、何者かにエスカレーターから突き落とされて入院していた病院から姿をくらませてしまう。

  • TBS「危険なビーナス」番組公式サイト(https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)より
    TBS「危険なビーナス」番組公式サイト(https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)より
  • TBS「危険なビーナス」番組公式サイト(https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)より

伯朗のもとに、監禁されている明人の映像が送られてくる

   伯朗は矢神家で禎子の遺品を引き取った後、禎子の妹で伯朗の叔母・順子(坂井真紀) と憲三(小日向文世)夫婦の兼岩家に行く。段ボール箱に入った遺品を見ていた順子はふと、その中に実家のアルバムがないことに気づいた。禎子が亡くなった後、そのアルバムは矢神家で処分されてしまったのだろうか? 順子は伯朗に、自分と禎子の実家である安村家の土地がどうなっているのか、確かめに行った方がいいとアドバイスする。

   一方、伯朗は自分が矢神家に行くと伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、メールや電話にも応答がない楓のことが気になっていた。実は、そのころ楓は康之介の愛人だった矢神佐代(麻生祐未)の息子でレストランオーナー・勇磨(ディーン・フジオカ)と2人で会っていたのだ。

   そのことを知った伯朗が「勇磨と2人で会うなと言っただろ」と咎めると、楓は「明人くんのためだったら、私は何だってやります」と反発。伯朗は思わず「明人はまだ生きていると思っているのか?」と言ってしまう。

   伯朗のその言葉に呼応するかのように、何者かに監禁されている明人の映像が送り付けられてきた。その中で、後ろ手に縛られた明人は「必ずあなたを追い詰める」と、禎子を殺害した犯人に挑戦状を叩きつける。

   複雑にもつれ合った事件の糸が少しずつほどけくる中、真犯人は何食わぬ顔で......。(よる9時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中