2020年 11月 25日 (水)

<エール>(第112話・11月17日火曜放送)
音は24歳になった一人娘・華の結婚を考えるようになる。でも本人は「私は看護の仕事が好き。自分で見つけるから」ときっぱり

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   裕一(窪田正孝)の一人娘・古山華(古川琴音)が東京の病院で働き始めて3年。華は仕事にやりがいを感じながら、看護婦として多忙を極めていた。

   母・古山音(二階堂ふみ)はそろそろ結婚のことも考えた方がいいのではと、24歳になった娘の事を心配する。

   音「ねえ華、恋しよう。」

   華「出会いもないし、時間もないよ」

   音「もう25になるし」

   華「まだ、24です。私は、看護の仕事が好き。以上」

裕一が作曲し久志が歌う「イヨマンテの夜」が大ヒットする

tv_20201111132251.jpg

   一方、40代の裕一(窪田正孝)は、人生で最も多忙な時期を送っていた。自分の机でラジオドラマの音楽をつくり、別の場所にある机では歌謡曲を書き、また別の机で映画の主題歌や劇伴を書く。

   そんな中、大人気作曲家である裕一が作曲し、池田が作詞をした「イヨマンテの夜」を、裕一の幼馴染みで親友である歌手の佐藤久志(山崎育三郎)が歌い大ヒットとなった。

   音が華にお見合いの話を持ってくる。

   音「華、お見合いって興味ある?」

   華が帰宅すると、証券マンのお見合い写真を華に見せる音。

   華「心配しないでよ。自分で見つけるから」

   華は、きっぱりと断ってしまうのだった。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中