2020年 11月 24日 (火)

大物・中井貴一と大物・鈴木京香の罵り合いが面白い、楽屋落ちドラマ
<共演NG 第1回~第3回>(テレビ東京)

   大物・中井貴一と大物・鈴木京香の共演だというので、場末(失礼いたしました)のキー局が大興奮している。新聞広告をデカく打ったりしてはしゃいでいるが、企画がアノ秋元康とあれば、観る方も構えて見る。案の定、第1回目は典雅な京香が「ウンコ」を連発したのでずっこけて、あれよあれよという間に終わってしまった。
   第3回は、どう見ても東出昌大の不倫騒動をヒントにしたに違いない内容で、遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)らと共演する若いカップルの佐久間と美里が現実で不倫してしまった。若い2人だけでなく、英二と瞳のカップルも謝罪会見に出席することになり、英二が記者と一触即発。そこに大物俳優の出島徹太郎(里見浩太朗)が突然出てきて時代錯誤の土下座あやまり(笑)。
   初回、6.6%と視聴率は芳しくなかったが、間違いなく、今期の連ドラ中、最も注目すべき話題作であることだけは間違いない。垢ぬけた中井と京香の丁々発止のテンポがよく、テレ東らしい雑然としたデスク周りやスタジオ内の楽屋落ち風景が笑える。
   週刊誌に早速、「中井は脚本に凝る」とゴシップ記事を書かれていたが、今のところ、話の内容(脚本)が格別優れているとは思えない。しかし、ビビッドな演出は爽快だ。「共演NG」にしては仲のよさそうな中井と京香、最後は「共演OK」となってしまうのか。或いは続編を期待して、終りはまたまた罵り合いで終わるのか。(放送2020年11月9日22時~)

(黄蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中