2020年 11月 25日 (水)

激混み名古屋ユニクロ、ジル・サンダー10分の1低価格に商品奪い合い!「転売ヤー」はフリマで大儲け...どうなってんの?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先週金曜日の13日(2020年11月)、名古屋市のユニクロ名古屋店が大混雑した。店内はすし詰め状態で、密も密。マネキンは服が剥ぎ取られ、床にはガラスが散乱した。新型コロナウイルスの第3波が到来しているといわれている中、ユニクロでは入店時に検温、消毒、マスクの着用を徹底し、新型コロナウイルスの感染対策を実施したといっているが、細かいルールは各店舗に任せていたという。

   名古屋店では入場規制はなく、開店と同時に客がどっと入り、商品を奪い合ったという。「本当におされまくったり、足も踏まれたりして」と話す人もいた。

   世界的なファッションデザイナーのジル・サンダー氏とユニクロがコラボした商品が目当てだった。高級ブランドが約十分の一の低価格からで購入できるというのだ。

定価1万5900円なのに、フリマで10万8千円にも...

tv_20201116111919.jpg

   山﨑夕貴アナ「物凄い話題だったので、それだけ人が集まっていました。中には転売ヤーもいたということです」

   司会の小倉智昭「ジル・サンダーという名前は強烈ですよね」

   山﨑「フリマアプリで早くも、『見た感じ転売ヤーばっかり』『高額転売、どーなってんの?』といった嘆きが出ています」

   どれぐらいの値段で売られているのか。例えば、ウールブレンドジャケット1万5900円(定価)が6万円から10万8000円のものもあった。

   小倉「それにしても、とんでもないですね」

   橋口いくよ(作家)「買った人は、すっごくうれしそうだった。コロナでストレスたまっているんでしょうか」

   夏野剛(実業家)「あくまでユニクロの製品なので、本当のジル・サンダーとは違うといことをあまり意識しないで、転売されているんじゃないでしょうか」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中