2020年 11月 27日 (金)

近藤マッチ無期限自粛に「厳しすぎる」「妥当だ」街の声は二分! 不倫を研究?している若狭弁護士「このケースはノスタルジアかな」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「週刊文春」で不倫を報じられたジャニーズ事務所の近藤真彦(56)が一転、不倫を認めきょう17日(2020年11月)未明、芸能活動を無期限自粛処分された。事務所は「この度の報道を受け、近藤に事実確認をしたところ、ご指摘の女性との交際は事実であると認めました。近藤本人より自粛したいと申し出があり、弊社としても最年長である近藤の処分として、当然の結論だと受け入れました」とコメントを出した。

   本人も「家族とは、話し合い、謝罪し、理解してもらいました。皆様の信頼を回復できるよう、自分を見つめ直し精進いたします」と述べた。

   街で聞くと「えー! ちょっと厳しくないですか」「僕は妥当だと思います。けじめとしていいんじゃないですか」と賛否両論だ。

   文春によると、25歳年下の女性社長と5年越しの不倫関係にあった。相手の女性には同棲している男性がいたが別れ、近藤との関係がより親密になった。そして先月(2020年10月)には、沖縄旅行へ行き、ゴルフなどを楽しむ姿が見られたという。

①つまみ食い②すきま風③日常脱出④ノスタルジア⑤好きもの

tv_20201117111311.jpg

   司会の小倉智昭「最近は週刊誌報道によって自粛するケースが増え、その人の人生が左右されるようなことになってしまっていますが、どう思いますか」

   三浦瑠麗(国際政治学者)「週刊文春の中にも、身に覚えのある人もいらっしゃると思いますが、そういう社会をつくりたかったのか、という気がします」

   若狭勝(弁護士)は不倫に陥る心理を研究しているという。それによると、5つのパターンがある。

   (1) 夫婦仲はいいが、「つまみ食い」をする。
(2) すきま風。夫婦間が若干、心理的にうまくいっていないときに走る。
(3) 日常からの脱出。
(4) ノスタルジア。男が50歳ぐらいになると、もう1回恋愛をしたいと陥る
(5) 根っからの好き者

   今回の近藤のケースは「ノスタルジアではないか。いずれにせよ、不倫は古今東西あり、それを一つ一つ、無期限に自粛していくというのは懐疑的です」と解説した。

   小倉「男性にはそういう見方があるかもしれませんが、女性は厳しい方がいいという人のほうが多いかもしれません」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中