2020年 11月 24日 (火)

<グッド・ファイト2>(NHK総合)
トランプ政権下の分断と混乱リアルに描く。反トランプ標ぼうCBS制作の本格法律ドラマ。辛辣な批判、丁々発止の舌戦は見応え十分

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   今年1~3月にシーズン1(全10話)が放送された「アメリカの『今』を映し出す本格的法律ドラマ」(NHK公式HPより)のシーズン2(全13話)が今月8日からスタートした。

   シーズン1は、大企業や白人の富裕層をクライアントに持つシカゴ最大の弁護士事務所のカリスマ女性弁護士ダイアン・ロックハートが、ドナルド・トランプ大統領の就任にショックを受け、引退して南仏プロバンスに移住する決意をするシーンから始まった。しかし、ダイアンはその直後、投資詐欺事件に引っかかって全財産を失い、移住を諦めざるを得なくなった。ダイアンは主にアフリカ系アメリカ人をクライアントに抱える法律事務所に移籍し、社会の底辺で苦悩する人たちの代理人を務めることとなった。

   シーズン1の最終第10話で、その事務所の代表エイドリアン・ボーズマンが、トランプ政権下のアメリカ社会について「この国の崩壊を見たがっている者がこんなにもいるとは! 外に出れば、わけの分からないヤツらが走り回っている。実に恐ろしい時代だ」と嘆く。これが制作されたのは、トランプ政権誕生から1年ほどのころだが、今日までのトランプ時代の4年間に引き起こされたアメリカ社会の分断と混乱を予言したようなセリフだ。

  • NHKドラマ「グッドファイト2」
公式サイト(https://www.nhk.jp/p/goodfight2/ts/VNL553LWZW/)より
    NHKドラマ「グッドファイト2」 公式サイト(https://www.nhk.jp/p/goodfight2/ts/VNL553LWZW/)より
  • NHKドラマ「グッドファイト2」
公式サイト(https://www.nhk.jp/p/goodfight2/ts/VNL553LWZW/)より

大統領選さ中の放送、NHKもなかなか「あざとい?」

   シーズン1は、同じ事務所に勤務する弁護士マイア・リンデルが、投資信託詐欺で起訴された父親の共犯容疑で逮捕されるシーンで幕を閉じた。父親は司法省との間で、懲役35年の刑に服するのと引き換えに娘のマイアを不起訴とする司法取引をしたが、家族を裏切って若い愛人と一緒に海外に逃亡したのだったのだ。

   さて、本題のシーズン2だが、『反トランプ』を標榜するCBSテレビ制作のドラマだけに、トランプ批判は辛辣さを強めている。

   シーズン2では、身に覚えのない共犯容疑で逮捕されて保釈中のマイア、マイアの代理人を務める同僚弁護士ルッカ・クイン、マイアの名付け親でもあるダイアンの3人VS司法省の攻防戦と、それにまつわる父と娘の愛憎劇が、縦軸に据えられている。

   そこに、トランプ政権下で起きた新たなる社会のムーブメント、たとえば著名人のセクハラ疑惑に端を発した#Me Too運動や、ナチズムや白人至上主義などを掲げるオルタナ右翼の台頭、排外主義による人種差別、貧富の格差拡大などを巡って提起される裁判の模様が毎回リアルに、テンポよく描かれていく。

   裁判官を挟んでの弁護士と検事による丁々発止の舌戦はときにシリアスに、ときにユーモアと皮肉がたっぷりで、見応え十分だ。さらに、ルッカと連邦検事局検事補コリン・モレロのロマンスや、シカゴの法曹界を恐怖のどん底に叩き落とす弁護士連続殺人事件のサスペンスなど、エンターテインメントの要素も盛りだくさんだ。

   ちなみに、各回のサブタイトルの「○○○日目」は、ドラマの制作者によると「世界がトランプ大統領に拉致されてから何日が経過したかを表している」という。

   今月3日にアメリカの大統領選が行われた直後から、アメリカのさらなる混迷を見透かしていたかのようにトランプ政権を批判するドラマの続編の放送を開始するとは、NHKも意外とあざとい......もとい商売上手だ。(日曜よる11時~)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中