2020年 11月 24日 (火)

コロナ対策本丸「WHO本部」でクラスター発生!今春から職員65人感染。テドロス事務局長「私には症状はない。問題ない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ対策の司令塔・WHO(世界保健機関)のスイスにある本部でクラスター(集団感染)が発生した可能性が高い。16日(2020年11月)にジュネーブで会見したスタッフ幹部は「私たちも家族や学校などの社会的関与から完全に身を守れるわけではない」と述べ、発生を事実上認めた。今年春ごろから職員65人が感染し、うち5人は今も感染状態にあるという。

   べつのスタッフは「症状は軽く、(感染者と)接触があったかを確認している」と話したが、経路はまだ特定されていない。自宅で自主隔離を続けていたテドロス事務局長も会見に出席し「症状はない。規則に完全に従ったため、検査の必要はないと判断した。私は問題ないと断言できる」と強調した。

スイスは感染者急増、11月から緊急事態宣言も

tv_20201118110044.jpg

   WHO本部ビルの10月9日とされる映像では、自動ドアが開閉する入口に消毒設備などはないように見える。シニアアドバイザーを務める日本人スタッフによると、建物内は一方通行で、各所に消毒液が置かれ、職員は液を携帯、検温や状態報告も定期的に行われるという。

   古市憲寿(社会学者)「WHOも役所の一つですからね、感染を完全に抑えるのは難しい」

   司会の小倉智昭「スイスも感染者は出ているといわれる。さまざまな組織の本部があるジュネーブで、WHOは感染対策の本丸じゃないか。ちょっと気がかりだ」

   スイスは10月半ばからそれまであまりいなかった感染者が急増、11月には緊急事態宣言も出た。ジュネーブには世界銀行など国際機関の本部が36あり、隣の州にIOC(国際オリンピック委員会)本部もある。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中