2021年 3月 2日 (火)

東京駅前の安価なPCR民間施設が人気 「1980円、唾液を採取、結果は翌日メールで」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京駅前にきのう10日(2020年12月)、1980円でPCR検査を受けられる民間施設がオープンした。無症状者を対象にした予約制で、アクセス殺到から一時は予約停止となる人気ぶりだった。

   大竹真リポーターが行ってみると「親に帰省するなら受けてきてと言われた」「2000円以下に魅力を感じて来た。安心感のために受ける」の声が出ていた。これまで自費検査は数万円かかることもあった。自社で試薬を大量生産したことが低価格につながったという。

   利用者は受付で検査キットを受けとり、パーティションで仕切られた部屋で本人がキットの綿棒を30秒くわえて唾液を採取するセルフ方式だ。防護服姿の医師から鼻の粘膜を採取されるのとはだいぶちがう。結果は翌日にメールで届く。9900円のコースなら最短2時間半で受けとれる。

   森圭介アナウンサー「手軽にできますが、ある注意喚起も行われています」

陽性なら医療機関を受診して

tv_20201211111926.jpg

   日本感染症学会専門医の佐藤昭裕医師は「陽性だったらしっかり医療機関を受診して。陰性でも100%安心せず、対策を続けてほしい」という。都内の保健所からは「医療機関と提携していない」「民間検査が増えると、(陽性者の確認検査を)もう受け入れられない」の声があがる。

   近藤春菜(お笑いタレント)「安心材料にはなるが、感染対策をしながら家族と会うとか、仕事するとかしないといけないな」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中