2021年 1月 23日 (土)

「こんにちは、ガースーです」って菅さんかい?コロナ激増で大変な時なのに...田村淳「嫌ですね。だれが吹き込んだのか」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「みなさんこんにちは。ガースーです」。番組は、菅首相の「評判の悪い」自己紹介から始まった。先週金曜日(12月11日)のインターネット番組「ニコニコ生放送」だ。

   生放送で「Gotoトラベル」について、「まだ、そこは考えてません」といった後で、「考えてないというか、きょう提言を受けたわけですから、2、3日の間に調整をして、次の対策を進めていく」と付け加えた。ただ、「Gotoについては、かつて分科会で『移動については感染等は低い』と提言をしていただいているんです。なかなか私の口から言いにくいことなんですけれど、経済が悪くなるとやはり暮らし、雇用を守ることができなくなりますので」とも。

   この発言の直前。新型コロナ対策政府分科会の尾身茂会長は、「Gotoトラベル事業もステージ3相当の対策が必要な地域では一時停止と、前から申し上げている通り」と改めて警鐘を鳴らしていた。東京都医師会も先週火曜日(8日)に、尾崎治夫会長が、「国にはぜひお願いしたい。Gotoをはじめとした人の動きをぜひ止めていただきたい」。

毎日新聞調査では、内閣支持率逆転「支持40%、不支持49%」

tv_20201214110356.jpg

   政府はきょうの対策本部で、東京と名古屋でのGotoトラベル停止について決定する方向だ。関係者によると、政府内では「都内を目的地とするものは一時停止、23区内を出発するものは利用自粛の呼びかけを求める。25日までの全世代対象」との案が検討されているそうだ。これに対し、都は「来月11日まで、出発自粛も都内全域を対象」とする考えだ。きのう(13日)、小池百合子都知事は、「国の判断をお待ちする。危機管理というのはできるだけ大きく構える、ということも必要になってくると思っています」。

   毎日新聞が12日発表した世論調査では、菅内閣の支持率は「支持40%、不支持49%」と初めて逆転した。「Goto中止した方がいい」が67%だった。

   司会の立川志らく「たいへんな状況にギャグ飛ばしてる場合じゃないぞ、という人もいるんだけど。個人的にすべったってだけのことであって。支持率が下がったからGoto止める、というのは嫌ですね。信念があるんだったら貫けばいい」

   コメンテーターの田村淳「ぼくはもうガースーは嫌ですね。言わされていることが問題。だれが総理に、ガースーを吹き込んだのかな」

   元大阪府知事の橋下徹「Gotoには効果があるが、自治体から声が出たときには自治体の判断で止めますよ、という枠組みにすればよかった」

   国と自治体の「責任とりたくない合戦」再び?

文・栄

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中