2021年 5月 17日 (月)

すっかりNHKの人気コンテンツ。筋肉好きにはたまらないが、生放送でやる意味あるの?
<全国同時みんな筋肉体操 生放送フェス!>(NHK総合)

   「筋肉体操」が初お目見えしたのは2018年8月のこと。たった3回5分間のミニ番組だったが、そのインパクトは絶大。番組内で使う「筋肉は裏切らない」はその年の流行語大賞にノミネートされ、さらに、年末の「紅白歌合戦」に、武田真治ら出演者が登場。天童よしみのステージを盛り上げるなど、その年の話題をさらった。
   以来、「筋肉体操」はすっかりNHKの人気コンテンツになった感も。で、今回の「生放送フェス」だ。45分間の生放送で、筋肉体操を筋肉指導の谷本道哉以下、アシスタントは武田真治、村雨辰剛といったおなじみのメンバーに加えて、ジャングルポケット太田博久、アンガールズ山根良顕などの芸人たち。スタジオの巨大モニターにはリモートで繋がった視聴者が映り、みんなで筋トレをする。
   谷本氏も「今日は45分生放送。今からみんなで一緒に筋肉体操。楽しく嬉しく頑張るか、超がんばるかの二択でいきましょう!」と煽るものだから、ついやってみたら最初の「腕立て伏せ」でもうキツい。
   生放送なので、スタッフのモジャモジャ頭が映り込んだりもするが、それもご愛敬。「NHK筋肉アーカイブ」として、1978年放送 ウルトラアイ「ボクシング 具志堅用高 強さの秘密はこれだ」や、2006年放送 ハイビジョン特集「カンフー 絶技のすべて 驚異の中国武術」などの一部をチラ見せし、筋肉好きにはたまらない番組になっていた。っていうか、これ、生放送でやる意味ってあるの!?  (放送12月12日17時15分~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中