2021年 5月 16日 (日)

教員の性暴力に「被害」と認識できない子どもたち。後にPTSD発症「言い出せないし、言いたくない」と埋もれてしまう

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   子供の時に学校で受けた性暴力を、大人になって訴える人が相次いでいる。

   わいせつ・セクハラ行為で懲戒処分などを受けた公立学校の教員が過去最多となる一方で、多くの被害が埋もれていることがわかってきた。圧倒的な上下関係が存在し、子供が声を上げても教員側の言い分が通りやすい。被害を明るみに出し、さらなる被害を生まないために、どうすればいいのか。現場で活動する専門家と考えた。教員からの性暴力をなくすために、子供たちを守るための解決策を提言する。

  • NHK「クローズアップ現代+」番組公式サイトより
    NHK「クローズアップ現代+」番組公式サイトより
  • NHK「クローズアップ現代+」番組公式サイトより

提訴まで20年以上、学校現場に立ちはだかる「時間の壁」

   石田郁子さん(43)は、中学3年から大学2年まで、教員による性暴力を受けその後PTSDを発症したとして、損害賠償を求めた。石田さんが裁判を起こしたのは2年前。41歳の時だった。「私はこのままずっと、このことを黙って生きていくのはもう耐えられない。自分の15歳から19歳の、被害にあっていた自分を守れるのは、今の大人の自分でしかないので」。

   裁判を起こすまでに20年以上かかった。自分が被害を受けたと認識するまでに時間がかかる、という学校現場ならではの特徴があった。相手は中学校の美術教員。高校で美術を学びたいと考えていた石田さんは、絵の描き方などを教わっていた。教員から誘われ美術の展覧会に行ったとき、腹痛に襲われた。教員は自宅へと連れて行き、突然キスをし、抱きしめてきた。

   「まず、何が起きたのか、わからない。自分が先生からそういう(性的な)対象として見られていると、想像すらしなかった」。高校に入ってからもたびたび呼び出され、上半身を裸にされたり、胸を触られたりした。「断るとか、そういう選択肢は自分にはないんです。先生が言うことだから。先生の言うことを疑わないし。まして、先生が犯罪をするとは思っていないので」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中