2021年 1月 20日 (水)

羽田参院幹事長の急逝の驚き!「俺、肺炎かな」と会話途切れる 現職国会議員のコロナ死は初めて

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   おととい27日(2020年12月)に急逝した立憲民主党の羽田雄一郎参議院幹事長(53)の死因が新型コロナウイルス感染症だったことが明らかとなった。現職国会議員では初の死者となる。羽田議員は省エネルックでも知られる羽田孜元首相の息子で、野田内閣では国土交通相を務めていた。

   14日に会った知人が新型コロナに感染していた羽田議員は24日昼、秘書を通じて参院診療所にPCR検査ができる病院を問い合わせた。この時点では症状は出ていなかったが、深夜に38度台の発熱。27日予定の検査まで、2日間は自宅で待機したが、その間、体温は夜に38度台に上がり、朝に下がることを繰り返していた。

   容体が急変したのは27日午後、PCR検査に向う途中の自動車内。呼吸が荒くなった羽田議員は「俺、肺炎かな」と言った後、会話が途切れた。すぐに救急車で東大病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。羽田議員には糖尿病、高脂血症、高血圧の基礎疾患があったが、大きな疾患ではなかったという。

専門医「突然大きな血栓が肺か脳にできた可能性」

tv_20201229104719.jpg

   キャスターの小倉智昭「羽田さんはかなりの急変だった」

   二木芳人(昭和大学教授)「突然大きな血栓が肺か脳にできた可能性があります。38度の熱が出ているので、早いタイミングで医療機関を受けられたら良かったのかと思う」

   若く健康だった人が重症化するという報告が出ている南アフリカ変異種も気になる。日本国内でも19日に成田空港に到着した30代女性から初確認されている。女性は無症状だったが、空港検疫で陽性が判明。現在は療養施設療養中で、濃厚接触者はないという。南アフリカからは11月に54人が日本に入国している。

   二木教授「南アフリカは人口構成が若いので、若い人が感染している。日本にもある程度は入ってきているのではないかと考える必要があるが、対策は従来のウイルスと変わらない。子供に感染するのが事実なら新学期に入るまで対策をしなければいけない」

   三浦瑠麗(国際政治学者)「ウィルスが同時多発的に変異しているという報道もあるので、鎖国しても日本の中で変異する可能性がある」

   二木教授「19世紀終わりの流行では落ち着いていくのに5-6年かかっているが、現在は変異が速く進む可能性がある」

文・みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中