2021年 5月 8日 (土)

「2021年 今年の展望と願望」
「あけましておめでとうございます。今年、東京オリンピック・パラリンピックは果たして開催できるか」(各局)

   皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお付き合いください。コロナ禍が1日も早く収束することを祈ります。

   東京オリンピック・パラリンピックは果たして開催されるのか。筆者の周辺は「やめるべき」と力説する。一般のアンケートでも7割以上の人が「やめるべきだ」と答えている。わが家から見に行けるオリンピックに、冥途の土産で行ってみたいとは思うが、感染爆発の欧米から選手も役員たちも来るまいと思うので、多分中止になるのではなかろうか。それならば、さっさと表明するべきである。

   アメリカの巨大なテレビ放映権欲しさに、IOCの幹部たちは涼しい顔で開催前提の話ばかりしているが、信用できない。日本側の会長は、かつて「鮫の脳ミソ」と揶揄された御仁、ポストに汲々として、交渉の場で裏が全く読めていないのではないかと心配になる。かといって、政府側を差し置いて、小池都知事がギブアップも出来なかろうし、後、たった200日ほどでどうする気なのか。

   政界トップがリーダーシップ欠如、決定権アバウト、グローバルな視点を持つブレーンもいなさそうで、一体どうなることやら。今年のすべての展望は、東京オリンピック・パラリンピックの成否にかかっているから、コロナ禍の中での『てれび見朱蘭』も座して待つのみ。エンタメ業界が少数の事務所の寡占状態に支配され、大人の鑑賞に堪える作品が限りなく少なくなってゆく悪弊も変わるまい。

(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中