2021年 5月 17日 (月)

ゴワゴワのタオルを「ふわふわ」にする裏技は? なんと「洗濯機にお酢投入」で新品の肌触りが復活!?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きょう5日(2021年1月)の「クイズとくもり」コーナーは「ふわふわタオル」がテーマだった。

   新品の時にはふわふわだったタオルが、使って洗濯して...を繰り返すうちにゴワゴワ&ガサガサに。仕方ないとあきらめている人がほとんどだろうが、実は洗濯の時のちょっとした工夫で肌触りがよみがえるという。

   横浜国立大学の大矢勝教授「時を戻そう。ゴワゴワタオルもちゃんとふかふかになりますよ」

「粉せっけん」×「穀物酢」で油分がタオルの繊維にしみわたる

   そもそも、なぜタオルはゴワゴワになってしまうのか。

   大矢さん「タオルを繰り返し洗濯して使用すると、繊維の中に含まれる油分が抜けてしまうんです。そうすると繊維同士がくっついてゴワゴワ、かたくなってしまうんです」

   かたくなったタオルを洗濯する時の大矢さんおすすめのアイテムが、昔ながらの「洗濯用粉せっけん」。「粉せっけんは合成洗剤と違って、洗うたびに適度な油分を与えるので、やわらかくすべすべの手触り、ふわふわ感が得られるんです」(大矢さん)

   粉せっけんは水に溶けにくいため、洗濯機に入れる前に500ミリリットルほどのお湯で溶かす。溶いたせっけんをタオル全体にかけるように入れ、いつも通り洗濯する。

   さらにすすぎの際、なんと「穀物酢」を加えるといいという。

   大矢さん「粉せっけんに酢を加えると脂肪酸という油分に変わるんです。脂肪酸でないと、繊維の中にしみわたってもやわらかいすべすべの肌触りにならないんです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中