2021年 12月 6日 (月)

感染拡大の背景「メッセージ伝え方が非常にまずかった」と分科会メンバー! 「8時までなら構わない」と誤解与えた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。政府はきょう13日(2021年1月)にも1都3県につづき、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、栃木、さらに自治体から要請のなかった福岡の7府県にも緊急事態宣言を出すが、「人の流れは変わっていない」「4月の第一回宣言より人出が多い」との声が広がっている。どうしてなのか。

   日本感染症学会の佐藤昭裕医師は、医療現場の実感として「いま陽性になる人は、年末年始に家族で集まったケースが多い。家庭内感染が増えた」と話す。

   司会の加藤浩次「ホームパーティーや友人同士の宅飲みで感染するんですね」

   場所がどこでも感染リスクがあることは変わらない。ランチの際にも感染の危険はつきまとう。

8時以降だけじゃなく「常に外出自粛を」

   政府対策分科会のメンバーでもある小林慶一郎氏は「今回の非常事態宣言はメッセージの伝え方が非常にまずかった」という。午後8時以降の外出自粛だけが取り上げられ、8時前まではかまわないとの印象を作ってしまった面を指摘した。

   松田丈志(元競泳日本代表)「飲食店も午後8時までは客を入れるから、8時が昔の門限のように伝わっている」

   近藤春菜(お笑いタレント)「前の緊急事態宣言は外出を8割まで減らそうというのでインパクトがあった。今は『8時以降の外出自粛というなら、8時前はいいんだ』と人が思っちゃった。このままだと感染を抑えられない」

   加藤「われわれの伝え方も悪かったのか。誤解している部分も多いかもしれない。午後8時以降に不要不急の外出を自粛というのは間違いで、常に外出自粛なんだと思った方がいい。菅首相にはゆるい言い方でなく、こうしてくださいとハッキリ言ってほしいな」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中