2021年 4月 18日 (日)

安曇野の清流の永遠と、人間の限りある命の対比が胸を突く、優しい人々の物語
<新春ドラマスペシャル 人生最高の贈りもの>(テレビ東京)

   石橋冠監督の最後の演出作品である。名監督が選んだ題材は、若くして余命を宣告された優しい女性の、穏やかな日常の描写である。

   元大学職員で今は翻訳家の笹井亮介(寺尾聡)の家に、信州・安曇野に夫と暮らす娘の田渕ゆり子(石原さとみ)が突然大きなスーツケースを持って帰ってくる。ゆり子は笹井の教え子だった田渕繁行(向井理)と2人暮らしで、田渕は教師をしているが子供はない。

   離婚でもしたかと心配する笹井に対し、何にも理由はない、「お父さんと暫く一緒に暮らしたい」としか言わないゆり子。だが、実はゆり子はガンを宣告されており、余命がいくばくか、その半分を父と暮らそうと戻ってきたのであった。ある日、亡き母親の墓の前で号泣しているゆり子の姿を目撃し、笹井はすべてを察知する。

   不器用で仕事一筋だった笹井が、1人暮らしの中で料理も上手くなり、ゆり子と2人で台所に立つ何気ないシーンが続く。オリジナル脚本の岡田恵和は、血の濃い父娘の間の、最も人間らしい地の出る場面は「家での食事時」だと考えたのだろう。確かに、亡き母が得意だった白和えが、最後に出てくる。つまり、この親子にしかわからない母が健在だった頃の、「家の味」が他人にはわからない2人の絆を象徴する。安曇野の梓川(?)清流の美しい風景と永遠の存在に比べて、限りある人間の命の儚さが胸に響く。寺尾聡が素晴らしい。点景人物の挿話などを入れなかったのが大正解であった。(放送2021年1月4日20時~)

(黄蘭)

採点:2
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中