2021年 2月 26日 (金)

コロナ「若者は重症化しない」で安心しちゃダメ! 若いほど後遺症に悩む人多い... 嗅覚・味覚障害や脱毛が長く続くおそれ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから約1年ということで、きょう28日(2021年1月)のあさイチは「後遺症」の最新情報を伝えた。

   コロナ感染経験のある40代女性は、治ったとされてからも、「髪の毛がものすごく抜けるようになって、日中も触ると指の間にいっぱい髪の毛が付いている状態」「何もやる気が起きないし力も入らないし、とりあえずソファーで横になっています」と、脱毛とけん怠感に悩んでいると明かす。

   後遺症については、世界各国から「脱毛」「けん怠感」「息切れなどの呼吸困難感」「うつ」など、全身のさまざまな症状が報告されている。

   国内では、和歌山県がコロナに感染した163人を対象に、後遺症に関するアンケート調査を実施。46%が、嗅覚障害、けん怠感、味覚障害、呼吸困難感、頭痛、脱毛、胸の痛みなど、退院後何らかの症状があると回答した。

ウイルスの影響と感染したことへのストレスが原因?

   後遺症が出る理由については研究の途中だというが、現時点でわかっていることを高知大学医学部の横山彰仁教授が解説した。

   横山さん「ひとつは新型コロナウイルスによる影響です。ウイルスによるダメージが肺や血管、心臓などに残っている場合、息切れなどの症状を引き起こす可能性があります。また、ウイルスによって免疫が過剰に働いて、血管などが傷付いたことによる影響も考えられます。もうひとつが環境による影響で、ウイルスに感染してしまった、あるいは隔離で人に会えないといったストレス、ベッドに横たわって長くいることで体力が衰えたなどがさまざまな症状を引き起こしている可能性もあります」

   後遺症はいずれ治るのか、それとも一生続くのか。10月(2020年)に国立国際医療研究センターが発表した研究では、コロナに感染した63人のうち、16~17%の人が発症から2か月で呼吸困難や嗅覚障害、けん怠感を訴えたが、時間とともにその割合は減っていった。

   脱毛はさらに遅れて症状が出るケースが多く、それもしばらく続くがだんだん減っていく傾向にあるとわかった。

   横山さん「まだこの感染症が世に出て1年ほどなので、特に感染後のことはわからないことが多いですが、多くの症状が時間の経過とともに軽快していきますし、そういう方が大多数です。ただ、症状が長時間続くこともあって、1年近く経っても残っている人もいるということを知っておく必要があります」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中