2021年 3月 8日 (月)

<おちょやん>(第41話・2月1日月曜放送)
新しい一座のため道頓堀に戻った千代は、「岡安」に居候する。一座の座長は一平だと紹介され、座員たちは不安がる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   昭和3年夏、竹井千代(杉咲花)は、京都の鶴亀撮影所を離れ、新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。千代は芝居茶屋「岡安」の女将・岡田シズ(篠原涼子)たちと再会し居候させてもらうことになった。その頃、芝居茶屋の客は減る一方で、ライバル店の芝居茶屋「福富」は、喫茶もできる「福富楽器店」に代わっていた。

   千代は4年前に父親の竹井テルヲが迷惑をかけたことをシズに詫びる。

   千代「父がご迷惑をおかけしました」

   シズ「いいお芝居をすることが、千代の恩返しなのよ」

   千代「主役をはれる女優になって必ずお金は返します」

千之助の姿がなく、辞めると言い出す座員たちだったが

tv_20210127155536.jpg

   その日の夜、新しい一座の役者たちが稽古場に集まった。元天海一座からは、須賀廼家天晴(渋谷天笑)、須賀廼家徳利(大塚宣幸)、女形の漆原(大川良太郎)が集まっている。そのほか歌舞伎出身者や新派出身の役者など様々なメンバーがそろった。

   その中で、鶴亀株式会社の大山社長(中村鴈治郎)から劇団を任された熊田(西川忠志)が劇団の座長を紹介する。

   現れたのは天海一平(成田凌)だった。須賀廼家千之助(星田英利)の姿がない。

   千之助が座長になるものだと思っていた座員たちは不安が募り次々と辞めると言い出す。

   熊田「このままだと、劇団は続けられないかもしれない」

   熊田の言葉に焦りを感じた千代は...。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中