2021年 6月 25日 (金)

「麒麟がくる」関西の盛り上がりが凄いぞ⁉ 視聴率関西は15.6%で放送再開後最高に! コロナ続き、光秀ゆかりの亀岡市民から「観光客が来ない」との書き込みも...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第43話がきのう31日(2021年1月)に放送され、ビデオリサーチ調べで平均世帯視聴率は関東地区が13・9%、関西地区が15・6%だったとスポーツ各紙が報じた。昨年(2020年)8月からの放送再開後では関東では第2位、関西では最高の視聴率となり、来週7日の最終話に向けムードの高まりを示した。

   第43話は「闇に光る樹(き)」とのタイトルで、明智光秀(長谷川博己)が織田信長(染谷将太)の傍若無人な振る舞いに、次第に信長を討つ「本能寺の変」へと傾いていく直前の心の動きを描いた。

   関東に比べ、関西が高くなるのは、舞台が京都の本能寺ということもあるのか、ネットに関西人とみられる書き込みが。

「関西人です。麒麟楽しんで見てます。舞台が関西だからもあるのかな?」
「関西凄いですね!私も関西!もちろん!見ました!来週はついに最終話 本能寺どのようになるのか非常に楽しみです 15分拡大 いゃー足りないと思うけど」

   中には、こんな書き込みも。

「明智光秀公のゆかりの地亀岡市民ですが、、、、誘致、、麒麟が来ない(笑) 観光客ほぼゼロの寂しさ...」

   (TVウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中