2021年 3月 4日 (木)

「戦力外通告」の石橋貴明、YouTube大ヒット紹介はいいが、宣伝臭が強い! 耳の痛い話も聞いてこそなのに
<情熱大陸>(TBS系)

   この日、取り上げた人物は「YouTubeが大ヒット!テレビ界レジェンドが挑む新境地」の石橋貴明。昨年6月にスタートした「貴ちゃんねるず」は瞬く間にチャンネル登録者数100万人を超えたとか。

「あれが終わった時、とんねるずはほぼ死にましたね」「人生のほとんどを賭けていた番組でしたし、それが終わって、ちょっと精神的にも...」「戦力外通告だなと。やりたくてもできないっていうのは」

   「ああ、もうユニフォームを脱がされてしまったな、60をちょっと前に実質定年だなって」......。オープニング、レギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了した時の思いや、YouTubeを始めるまでの自身の葛藤を語るところまではよかった。

   が、問題はその後。石橋の今の活躍を映しているのだが、どう見てもただのプロモーションビデオになってしまったのは残念だ。もっとも、今回に限られたことではない。この番組が有名人を取り上げるとなぜか宣伝臭が強くなる。密着して情が沸いてしまうからなのか。

   今回も、石橋がABEMAの生配信番組「7.2 新しい別の窓」で稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾と共演したり、自身の番組でIKKOと「大どんでん返し~!」と往年の「ねるとん」のセルフパロディをしたり、コロナ禍で大変な飲食店を訪れる企画では客足が3倍に伸びたなど大活躍の話題ばかり。テレビへの未練はないのか? 相方・木梨との関係は? など石橋にとって耳の痛い話も訊いてこそだと思うが。(放送2021年1月31日23時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中