2021年 7月 28日 (水)

時代錯誤・女性蔑視の森喜朗会長の発言は許せない! 「女性いる会議は長くなる」?!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長がきのう3日(2021年2月)の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会で女性蔑視ともとれる発言をし、物議を呼んでいる。

   森会長は「女性っていうのは競争意識が強い。自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみなさん発言されるんです。発言時間をある程度規制しないとなかなか終わらないのでこまると言っておられた。誰が言ったとは言わないが」と語った。さらに、森会長は組織委員会の女性理事について「みなさんわきまえておられて」とも発言した。そうなら組織委員会で女性は発言しないのだろうか。

   司会の羽鳥慎一「オンライン会議で記者公開されているのがわかっているところですから、本当にそう思って言ったのだろう」

ニューヨークタイムズなど外国メディアも報道

   この森発言はニューヨークタイムズやAFP、ロイター通信も取り上げ発信された。

   高木美保(タレント)「日本の民度が低く思われてしまう」

   斎藤ちはるアナ「ショックというよりあきれが強い。こういう人がいるから女性進出が進まないと思っちゃいました」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「これは森リスクですね。森発言はこれだけではない。コロナがどうあろうと東京五輪を必ずやりぬくと言ったこともある。世界中があきれている。バッハIOC(国際オリンピック委員会)会長が同じ発言をしたらどうなるか。大問題だ。(森会長)辞任論が高まるのではないか」

   羽鳥「組織委員会の体質、日本の遅れが現われた事件です」

   組織委員会に自浄能力があるかどうか、老政治家をいつまで君臨させておくのだろうか。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中