2021年 7月 29日 (木)

コロナ禍で「義理チョコ文化」が消滅? 市場規模260億円減の衝撃!職場や学校で「禁止」も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「義理チョコ文化」が危機にある。そもそも近年、義理チョコ文化は下火傾向にあったが、コロナ禍がさら義理チョコ離れに拍車をかけているという。感染対策の面から、チョコの受け渡しを禁止する職場や学校が多く、外出自粛やテレワークで人と会う機会も少なくなっているからだ。

   日本記念日協会の推計では、今年のバレンタインの市場規模は約1050億円で、去年(約1310億円)に比べおよそ260億円減る予想だ。今年はバレンタインデーが日曜日ということもあり、義理チョコはほぼ消滅か、とまで言われている。

   苦戦する百貨店は、需要を掘り起こそうと工夫を凝らしている。例えば、切手を貼ってポストに投函できる「非接触型」のポスト投函型チョコ。同じく「非接触型」としては、売り場の密を避けるためオンライン上でチョコを選び、店の外に設置したロッカーで受け取ることのできるサービスなどがある。

職場の「バレンタイン禁止令」に喜ぶ社員たちは多いぞ!

   百貨店泣かせのこの傾向だが、逆に喜ぶ人たちもいる。職場で「バレンタイン禁止令」が出たという30代会社員の女性は「正直嬉しい。義理チョコをわざわざ買って配ったり、男性側にお返しをもらうのもお互い大変なので、なくなってほしいと思っていた」と話す。

   この女性の会社では例年、女性社員全員で購入したチョコレートを男性社員に渡す「義理チョコ文化」があった。女性は「金銭面でも負担だったので、同僚からも(禁止は)嬉しいという言う声が多いです。コロナをきっかけに来年からもなくなってほしい」と廃止に期待する。

   前田裕二(実業家)「個人的に義理チョコ文化がなくなるのは悲しい。世界に本命チョコしかなくなったら、義理文化があるからギリギリ渡せるチョコも渡せなくなる。あいまいな遊びとか余白があるから始まる恋もあるとするならば...。『これ義理だよ』って見せかけて、実は本命ってこともあると思う」

   司会の加藤浩次「なるほど!いいこと言いますね!ちょっとしたグレーゾーンも必要だと」

   近藤春菜(お笑いタレント)は、前田氏のロマンチックな発言に「ステキ!」「ちょっと待ってよ~」とメロメロだった。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中