2021年 8月 6日 (金)

<おちょやん>(第51話・2月15日月曜放送)
初興行は大盛況で幕を閉じ次回公演はひと月後と決まる。母親の愛を描いた一平の台本を千之助は受け入れる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   天海一平(成田凌)率いる鶴亀家庭劇の初興行は、大盛況のうちに幕を閉じ、鶴亀株式会社社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)に認められた。次の公演はえびす座で、ひと月後と決まった。

   一平は、以前却下された台本に笑いを加えて書き直し、須賀廼家千之助(星田英利)に次の興行はこれをやりたいと伝える。それは「母に捧ぐる記」という題名で、母親の無償の愛を描いた台本だった。

   千之助「ちょっと、手直ししてもええか?」

   そう言って修正するも千之助は一平の台本を受け入れる。

岡安の一人娘みつえに縁談が持ち上がるが...

   そんな最中、岡安の女将・岡田シズ(篠原涼子)のひとり娘、岡田みつえ(東野絢香)に縁談が持ち上がる。老舗の料亭の跡取り息子とあってシズも岡田宗助(名倉潤)も乗り気だった。

   千代(杉咲花)や岡安のお茶子たちは、みつえの本当に好きな人は一平だと思い込んでした。しかし、みつえは岡安のライバル茶屋、福富の長男・富川福助(井上拓哉)と相思相愛だった。

   福冨の女将・富川菊(いしのようこ)とシズは犬猿の関係。二人の結婚は現実的ではない。みつえは、千代に菊を説得して欲しいとお願いするが...。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中