2021年 7月 30日 (金)

大河「青天を衝け」初回視聴率は20.0%! 「八重の桜」以来8年ぶりの20%超え、「麒麟」19.1%を超えた!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   14日(2021年2月)から始まったNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の初回拡大版の平均世帯視聴率が20.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったと15日、スポーツ各紙が報じた。瞬間最高視聴率は午後8時57分の22・8%。個人視聴率は12・5%だった。

   前作「麒麟がくる」の初回19・1%を上回り、大河ドラマの初回で20%の大台を超えるのは13年「八重の桜」の21.4%以来、8年ぶりとなった。

過去の大河ドラマ初回視聴率は以下の通り

   20年「麒麟がくる」=19・1%

   19年「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」=15・5%

   18年「西郷どん」=15・4%

   17年「おんな城主 直虎」=16・9%

   16年「真田丸」=19・9%

   15年「花燃ゆ」=16・7%

   14年「軍師官兵衛」=18・9%

   13年「八重の桜」=21・4%

   12年「平清盛」=17・3%

   11年「江~姫たちの戦国~」=21・7%

   10年「龍馬伝」=23・2%

   09年「天地人」=24・7

   08年「篤姫」=20・3%

   (TVウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中