2021年 2月 28日 (日)

「漫才」か「コント」か、堅苦しいことは置いといて、芸人たちのネタをガッツリ見られるのは嬉しい
<お笑い二刀流 MUSASHI 最強ネタ全部見せます! あのM-1チャンピオンも二刀流に挑戦したぞSP!!>(テレビ朝日系)

   昨年、漫才日本一を決めるM‐1でマヂカルラブリーが優勝したと同時に勃発したのが、マヂカルのネタは「漫才」か「コント」か論争だ。野田クリスタルが電車のつり革に意地でも捕まらない人を演じ、それに相方の村上がツッコミを入れるかたちの漫才で、激しい動きでバタつく野田はほとんど喋らず。たしかに動きだけを見ると、「漫才」よりも「コント」に近く、前年に優勝したミルクボーイがあまりにも正統派のしゃべくり漫才だったので余計にそう感じたのかも!?

   この「お笑い二刀流」は、芸人たちが、「漫才」と「コント」、2つのネタを披露するもので、今回は、MCサンドウィッチマン、SPゲストアンタッチャブルらを始め、中川家らのベテランから、かまいたち、おいでやすこが、そして、マヂカルラブリーらも参戦した。

   正直言って「漫才」か「コント」かの定義はよくわからなかった。強いて言うなら、「漫才」は舞台中央にマイクがあり、それを挟んで喋り、「コント」はセットや小道具、衣装を使って見せるくらいか。

   ま、そんな堅苦しいことはこの際置いといて、芸人たちのネタをガッツリ見られるというのは嬉しい。昨今、コメンテーター気取りの芸人たちも多いが、やはりお笑い芸人は芸を見せてなんぼ、だから。

   これまで特番で2回放送し、今回が第3弾。番組の最後には4月から「お笑い実力刀(おわらいじつりょくは)」とタイトルも新たに、レギュラー化されることが発表された。これは嬉しいお知らせ!(放送2021年2月15日18時45分~)

(白蘭)

採点:2
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中