2021年 8月 4日 (水)

「天国と地獄」謎解きが最高潮に!「黒幕は陸の師匠、実行犯は陸」「日高はXを追う掃除屋」「東朔也は望月彩子か」「ラブレターは少年同士?」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「東朔也」には望月彩子の名前が入っている!

   「東朔也」(あずまさくや)の正体は日高か、望月か?

   「『東朔也』が『日高』と偽名を使ってきた説。見て、見て!名前の中に、『月』と『日』(=太陽)が入っている!つまり、太陽に憧れた月が、太陽のフリをして生きている、とな。『日高』の名はそれを表して、東本人が作ったんじゃない?なんか日高の家族に事情ありそう。だって日高の妹は、もし兄が偽名を使っていたら、不審に思うはずなのに、気づいていないのはあまりにおかしすぎるし...。家族の背景にも闇がありそう」

   「新月(朔)から次の新月までの周期を朔望月(さくぼうげつ)と言うそうで、東朔也と望月彩子の名前が入っている!って思いました。東と日高は関係ありそうだし、日高と望月が入れ替わったのはもはや必然的という感じがします」

   ラブレターの主は彩子だ。

   「やっぱりラブレターの主は彩子?『歩道橋で待っています』がラブレターかラブレターではないと議論している時に、魂・彩子がボソッ言った『私ノートで出したし』。これは手紙の主が彩子とだと言うことでしょうか?」

   「ラブレターというと、女の子が書いたと思われるが、本当は男の子で、それは東朔也ではないのか?日高と東は、お互いに想い合っていた同級生じゃないのか?2人は入れ替わっているのではないか?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中