2021年 8月 3日 (火)

「天国と地獄」謎解きが最高潮に!「黒幕は陸の師匠、実行犯は陸」「日高はXを追う掃除屋」「東朔也は望月彩子か」「ラブレターは少年同士?」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

黒幕は陸の師匠だ。陸は殺人の実行犯か?

   真犯人は陸か、陸の師匠だ。

   「久米宅に現れ逃げた男。陸の師匠だと思いました。後ろ姿の耳が似ていた。師匠は髪の毛モサモサしているイメージだったが、コインロッカーを探す手伝いに来た時にきれいにカットしていた。後ろ姿の男もきれいな短髪」

   「殺人犯は陸のバイト仲間の湯浅が濃厚かなと。沢山登場人物を出すのは目くらましだと思うし、後から登場した人物が犯人なんて、え〜となるでしょ?最初からいる登場人物で、警察関係者以外で日高と接触していないのは湯浅だけ。湯浅はチョイチョイ色々な場面で絡んでくるしね」

   「確かに今は陸くんの師匠気になる。歩道橋で陸くんが落書きを消しているところに現れている。他人名義で部屋を借りているし、暗闇の後ろ姿もなんとなく似ているし...」

   「わかった!指令役が湯浅で実行犯は陸だ。理由は勘。陸以外が犯人だと面白くないから。犯人は愛すべき誰かだと思うし、すでに登場しているはず。でも陸は居候の身で、愛されてはいなかったが、最近、彩子が陸を愛している表現を多用してきた。何より陸は漫画と手紙を持っていた。限りなく怪しい」 最後にこんな声を紹介したい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中