2021年 8月 6日 (金)

山田内閣広報官の辞任速報にスタジオ激論! 橋下徹「野党は単純収賄一本で追及すればいい」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   菅首相長男の菅正剛氏が勤める東北新社が総務省官僚に高額接待を繰り返していた問題で、先週2月25日(2021年)の衆院予算委員会に参考人招致された山田真貴子内閣広報官。「深く反省する」と陳謝したものの、肝心の正剛氏との関係について質問されると「当日名刺交換もなかったと思う。横並びでお話をしていない」「事業についての働きかけはなかったと認識している」「総理の息子と認識していたと思うが、お会いする方がどういった方のご子息かお付き合いに関係ない」など、曖昧な答弁を繰り返した。

   当初、山田広報官は給与の一部を自主返納し、広報官は続けるとしていた。しかし、番組中に入院、さらに辞職という速報が相次いで飛び込んできた。

「入院」から「辞任」に! 志らく「隠れてしまったね」

   キャスターの立川志らく「本当に隠れてしまいましたね。本当に体調が悪い可能性もあるが、またかといわれても仕方がない。昔の政治家とごまかしかたが同じ」

   メインコメンテーターの田村淳「記憶がしっかりしているところとしていないところがあるのが腑に落ちない」

   月曜レギュラーの橋下徹(元大阪府知事)「僕の立場でも会食に出るときは全メンバー確認します。役所が出席者を把握せずに会食に出るということはありえない。正剛さんは個性的なスタイルじゃないですか、わからないわけないですよ」

   神田愛花(フリーアナウンサー)「これだけ女性が活躍が難しいなかで上り詰めたということは、会食の意味合いを必ず理解されているはず」

   橋下徹「野党は不正の働きかけがなくても成立する単純収賄一本で追及していけばいい」

文   みっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中